行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

メビックス(株)

メビックス(株)のホームページへ
業務提携に関するお知らせ(2008/10/16)
 メビックス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大社聡、以下「メビックス」)は、ソネット・エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村格、以下「エムスリー」)と、エビデンス構築を目的とした、臨床研究および疫学研究の共同支援サービスに関する業務提携契約を、平成20年10月16日付で締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.業務提携の概要
 臨床試験支援管理システム「CapToolR(キャプツール)」を活用した臨床研究支援サービスを展開するメビックスと、医療従事者専門サイト「m3.com」等を運営するエムスリーは、平成17年4月21日に締結した業務提携基本契約に基づき、「m3.com」会員を対象に臨床研究に参加する医師募集サービスを提供してまいりました。

 今回の業務提携は、エムスリーの「MR君」「戦略君」等のサービスから抽出された臨床医の意見等を基に、医療現場が求めているエビデンス(科学的根拠)について両社で取りまとめ、メビックスの「CapToolR(キャプツール)」と臨床研究支援ノウハウを活用し、新しいエビデンス構築を目的とした臨床研究の実施に向けた提案活動を進めていくものです。

 また、共同提案活動により収集されたエビデンスは、エムスリーが運営する「m3.com」会員を中心に、日本の医療界に幅広く浸透させ、EBM(Evidence-BasedMedicine:科学的根拠に基づく医療)の推進に貢献します。

2.業務提携の目的

 メビックスは、エムスリーが収集した臨床現場の医師の声を基に、良質なエビデンス構築のための提案型営業活動を進め、医薬品の適正使用や疾患別治療ガイドライン策定などに必要な臨床研究支援サービスの強化を図って参ります。また、今回の業務提携を通じて、医師のみならず製薬企業や医学会への当社認知度向上を目指して参ります。

 エムスリーは、「MR君」などで医薬品の認知向上や医師がより適切な処方を推進するための各種情報を迅速かつ的確に伝達することを目的にコンテンツの充実を図っています。今回の業務提携を通じて、新しく生まれたエビデンスを発信し、医療従事者の最適な診療や治療の支援を行って参ります。

 今後両社は、インターネットを利用した臨床研究支援サービスおよび医療関連サービスに関するそれぞれの顧客基盤や事業ノウハウを融合させた新しいサービスを共同展開することで、顧客満足の向上及び新規顧客獲得による売上拡大を図って参ります。

3.提携の相手先の概要(平成20年6月30日現在)

(1)商号:ソネット・エムスリー株式会社

(2)主な事業内容:インターネットを利用した医療関連サービスの提供

(3)設立年月日:2000年9月

(4)本店所在地:東京都港区芝大門2-5-5住友不動産芝大門ビル12階

(5)代表者:代表取締役谷村格

(6)資本金:11億6,950万円

(7)従業員数:連結106名、単独56名

8 上場市場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2413)

4.業績に与える影響

 当該業務提携が当社の業績に与える影響は軽微であります。

業務提携に関するお知らせ(2008/10/16)
 メビックス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大社聡、以下「メビックス」)は、ソネット・エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村格、以下「エムスリー」)と、エビデンス構築を目的とした、臨床研究および疫学研究の共同支援サービスに関する業務提携契約を、平成20年10月16日付で締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.業務提携の概要
 臨床試験支援管理システム「CapToolR(キャプツール)」を活用した臨床研究支援サービスを展開するメビックスと、医療従事者専門サイト「m3.com」等を運営するエムスリーは、平成17年4月21日に締結した業務提携基本契約に基づき、「m3.com」会員を対象に臨床研究に参加する医師募集サービスを提供してまいりました。

 今回の業務提携は、エムスリーの「MR君」「戦略君」等のサービスから抽出された臨床医の意見等を基に、医療現場が求めているエビデンス(科学的根拠)について両社で取りまとめ、メビックスの「CapToolR(キャプツール)」と臨床研究支援ノウハウを活用し、新しいエビデンス構築を目的とした臨床研究の実施に向けた提案活動を進めていくものです。

 また、共同提案活動により収集されたエビデンスは、エムスリーが運営する「m3.com」会員を中心に、日本の医療界に幅広く浸透させ、EBM(Evidence-BasedMedicine:科学的根拠に基づく医療)の推進に貢献します。

2.業務提携の目的

 メビックスは、エムスリーが収集した臨床現場の医師の声を基に、良質なエビデンス構築のための提案型営業活動を進め、医薬品の適正使用や疾患別治療ガイドライン策定などに必要な臨床研究支援サービスの強化を図って参ります。また、今回の業務提携を通じて、医師のみならず製薬企業や医学会への当社認知度向上を目指して参ります。

 エムスリーは、「MR君」などで医薬品の認知向上や医師がより適切な処方を推進するための各種情報を迅速かつ的確に伝達することを目的にコンテンツの充実を図っています。今回の業務提携を通じて、新しく生まれたエビデンスを発信し、医療従事者の最適な診療や治療の支援を行って参ります。

 今後両社は、インターネットを利用した臨床研究支援サービスおよび医療関連サービスに関するそれぞれの顧客基盤や事業ノウハウを融合させた新しいサービスを共同展開することで、顧客満足の向上及び新規顧客獲得による売上拡大を図って参ります。

3.提携の相手先の概要(平成20年6月30日現在)

(1)商号:ソネット・エムスリー株式会社

(2)主な事業内容:インターネットを利用した医療関連サービスの提供

(3)設立年月日:2000年9月

(4)本店所在地:東京都港区芝大門2-5-5住友不動産芝大門ビル12階

(5)代表者:代表取締役谷村格

(6)資本金:11億6,950万円

(7)従業員数:連結106名、単独56名

8 上場市場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2413)

4.業績に与える影響

 当該業務提携が当社の業績に与える影響は軽微であります。