行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

医療法人仁寿会加藤病院

医療法人仁寿会加藤病院のホームページへ
島根大学医学部と連携、 DHA・EPAの認知機能などに及ぼす影響を調査する臨床試験を開始(2008/10/24)
 (株)マルハニチロホールディングス(本社:東京都千代田区社長:五十嵐勇二)は、島根大学医学部主導のもと、65歳以上の高齢者を対象に、DHA・EPAの認知機能等、健康・長寿に及ぼす影響を調査する臨床試験を、2008年11月より開始いたします。

調査概要
 島根県川本町在住の認知症と診断されない65歳以上の高齢者を対象に、認知機能などに及ぼす影響に関し、DHA・EPAが規定量(DHA850mg、EPA200mg)含有される魚肉ソーセージ[特定保健用食品「DHA入りリサーラソーセージ」(株)マルハニチロ食品]を被験食品として、オリーブ油を添加した魚肉ソーセージをプラセボとして、両品を2つのグループに分けた対象者にそれぞれ1~2年間程度摂取させる事による二重盲検並行群間比較試験を実施いたします。

 島根大学医学部(橋本道男准教授)は2004~06年にかけて、島根県立大学短期大学部看護学科(山下一也教授)ならびに医療法人仁寿会加藤病院(島根県川本町、加藤節司院長)と連携し、地域医療において深刻な老年者の認知機能に関し、複数の疫学調査を実施しました。「物忘れと栄養、脂肪酸分析に関する研究」では、65歳以上の地域在住老年者286名を対象とし、認知機能と赤血球膜脂肪酸組成の関連を解析したところ、認知機能と脂質栄養が密接に関連している可能性が示唆されました。本実績を踏まえ、今回、「DHA入りリサーラソーセージ」の認知機能に及ぼす影響を検討する臨床試験が実施されます。

 欧米ではDHAカプセルによる軽度認知症患者を対象とした並行群間比較試験は、6~12ヶ月で認知スコアの悪化が抑制された(ArchNeurol.`06)と報告されておりますが、国内では初めての試みとなります。

 本試験により認知症に及ぼす影響が明らかになれば、食品を利用した高齢者医療への応用の可能性など、予防医学の観点からも波及効果が期待できます。

今後の予定
 2008年10月31日(金)、11月1日(土)に、島根県川本町「すこやかセンター」(〒696-0001島根県邑智郡川本町大字川本332-16)にて、被験者向け説明会を開催。11月より調査を開始いたします。