行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

CSLベーリング(株)

CSLベーリング(株)のホームページへ
新発売のお知らせ 「テタガム®P筋注シリンジ250」  ~ 日本初の プレフィルドシリンジ抗破傷風人免疫グロブリン製剤 ~(2008/12/4)
CSLベーリング株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山部清明)は、本日、筋注用抗破傷風人免疫グロブリン製剤 「テタガム®P筋注シリンジ250」 の販売を開始いたしました。

当社は、これまでアンプル製剤の「テタガム®P」を販売してまいりましたが、この度、抗破傷風グロブリン製剤としては日本で初めてのプレフィルドシリンジ製剤を発売する運びとなりました。

「テタガム®P筋注シリンジ250」は、破傷風の発症予防、および発症後の症状の軽減のために使われる血漿分画製剤です。生体の破傷風毒素に対する抗体価(受動免疫)を高めることで毒素が神経を侵すのを防ぎます。本剤投与後の血中抗体価は、破傷風発症阻止レベル以上まで速やかに上昇し、 30日間維持されます。

あらかじめ製剤がシリンジに充填されたキット製品となったことにより、調製が不要で、1回1mLという少ない投与量を、ほぼ全量確実に投与できます。日常のささいな傷から救急医療に至るまで、外傷の初期診療には簡便性・安全性が向上した「テタガム®P筋注シリンジ250」が貢献できるものと期待しております。

破傷風はいったん発症すると1ヶ月以上の集中治療に加え、長期のリハビリを要すだけでなく、ときには致命的な経過をたどる恐ろしい感染症です。そのため、どのような傷についても常に破傷風予防を念頭に置かねばならないとされています。当社は、破傷風とその予防について適切な情報提供を行うことで、「テタガム®P筋注シリンジ250」の予防投与による破傷風発症数の減少に寄与してまいります。

CSLベーリング株式会社 代表取締役社長 山部清明は、次のように述べています。
「破傷風は稀な感染症と思われがちですが、日本における発症報告数は近年増加傾向を示しています。CSLベーリングは、抗破傷風グロブリンが予防投与されることで、日本における破傷風の発症者が1人でも少なくなることを願いながら、高い使命感のもと、今後とも日本の医療の発展のために微力ながら貢献してまいります。」

テタガム®Pのプレフィルドシリンジ製剤は、世界15カ国で販売しております。

# # #
この件に関するお問い合わせ先:
CSLベーリング株式会社
経営企画・情報部
電話:03-3534-5735 Fax:03-3534-5864

<添付資料>

【製品概要】
製品名: テタガムRP筋注シリンジ250
効能または効果: 破傷風の発症ならびに発症後の症状軽減のための治療に用いる
承認年月日: 2008年3月14日
薬価基準収載年月日: 2008年6月21日
販売開始年月日: 2008年12月4日
薬価: 3,655円
製造販売: CSLベーリング株式会社

「テタガム®P筋注シリンジ250」

【破傷風について】

土壌中に芽胞のかたちで世界中に分布する破傷風菌が、傷口などから体内に入って起こる感染症。 「開口障害」、「痙笑」、「後弓反張」などの症状がみられ、ときに致死的経過をたどる。
適切な処置により予防が可能であるが、発症の約3割は明らかな傷がなく発症すると報告されている。
なお、わが国における患者は、おもに予防接種の効果が懸念される中高齢者でみられ、その数は増加傾向を示しているため、今後その動向に注意を払う必要がある。

免疫抑制剤「リンフォグロブリン(R)注射液100mg」の販売移管について(2008/9/16)
 ジェンザイム・ジャパン株式会社(以下「ジェンザイム・ジャパン」、本社:東京都港区、代表取締役:中村良和)と、CSLベーリング株式会社(以下「CSLベーリング」、本社:東京都中央区、代表取締役社長:山部清明)は、本年12月1日より免疫抑制剤「リンフォグロブリン(R)注射液100mg」の販売を、CSLベーリングからジェンザイム・ジャパンへ移管することで合意致しました。

 ジェンザイム・ジャパンが製造販売承認を保有する「リンフォグロブリン(R)注射液100mg」は、これまでCSLベーリングがその販売を担当しておりましたが、この度ジェンザイム・ジャパンにおいて血液領域事業本部が設立され、自社での販売体制が整ったことにより、同製剤の販売をCSLベーリングよりジェンザイム・ジャパンへ移管する運びとなりました。

製品概要(12月1日以降)
製品名:      免疫抑制剤 「リンフォグロブリン(R)注射液100mg」
効能又は効果: 重症・中等症の再生不良性貧血
輸入・販売元:  ジェンザイム・ジャパン株式会社
製造業者:    Genzyme Polyclonals  (フランス)

ジェンザイム・ジャパン株式会社について
 世界有数のバイオテクノロジー企業、Genzyme Corporation (本社:米国)の日本法人として、1987年に設立。希少疾患治療剤を主軸にバイオ医薬品、医療機器、臨床検査事業を積極的に展開しています。充実したパイプラインと事業基盤を基に、今後更なる成長の可能性を持つバイオヘルスケア企業です。先頃血液領域事業本部を新設致しました。