行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

インテル(株)

インテル(株)のホームページへ
インテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジーで革新的なノートブックPC技術を提供 ~優れたHDビデオ再生機能、強力なセキュリティーと管理機能をモバイル環境でも実現~(2008/7/16)
 インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区丸の内 3-1-1、代表取締役共同社長 吉田 和正/ロビー・スウィヌン)は、ノートブックPC向けに新しいインテル(R) Core(TM)2 Duoプロセッサーを採用する「インテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジー」を発表しました。消費者および企業ユーザー向けに約250機種の革新的なインテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジー搭載ノートブックPCが、PCメーカー各社より発表される見込みです。インテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジーは、強力なプロセッサー、グラフィックス機能と長いバッテリー持続時間を組み合わせることで、ノートブックPCでのHDビデオの再生や多くのPCおよびインターネット体験を向上します。

 インテルはさらに、動作周波数3.06GHzのデュアルコア・モバイル・プロセッサー「インテル(R) Core(TM)2 Extremeプロセッサー」を発表しました。この新しいプロセッサーは、業界標準ベンチマークであるSPECint*_rate_base2006(http://www.spec.org(英語))による計測で、モバイル・プロセッサーとして世界最速です。

 今回発表の「インテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジー」、および企業向けブランド「vPro(TM)テクノロジー インテル(R) Centrino(R) 2」は開発コード名「Montevina」と呼ばれてきたものです。新プロセッサーとチップセットにより優れた性能とより長いバッテリー持続時間、IEEE 802.11n(ドラフト)規格対応の無線LANと今後登場予定のWiMAX無線接続、そして企業向けの最新の管理機能など、先進的なノートブックPC技術を搭載しています。

 インテル コーポレーション 副社長 兼 モバイル・プラットフォーム事業本部長のムーリー・エデンは「我々が初めてインテル(R) Centrino(R)プロセッサー・テクノロジーを発表した2003年には、Wi-Fiアクセス・ポイントがわずかに設置されているだけでした。YouTubeのようなビデオやソーシャル・メディアはほとんど存在せず、デスクトップPCの販売台数はノートブックPCをはるかに上回っていました。今日、米国でのノートブックPCの販売台数はデスクトップPCを追い抜いており、我々は高品質(HD)エンターテインメントや表現力豊かなオンラインゲーム、高速な無線ブロードバンド接続、そして企業向けノートブックPCを管理、更新、修復するための簡単でセキュアな管理機能を実現していきます」と述べています。

 今回発表したデュアルコア・プロセッサー5製品はHigh-kメタルゲートを採用したインテルの革新的なトランジスター設計と先進45nmプロセス技術により製造されています。これらのプロセッサーは1,066MHzのフロントサイド・バスと最大6MBのL2キャッシュを備えており、そのうち3製品は、熱設計電力(TDP)を30%削減した25Wのプロセッサーです。また、インテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジーは、アイドル時にプロセッサー・コアやキャッシュメモリーなどコンポーネントの電源を遮断し、省電力化を図るインテル(R)ディープ・パワーダウンテクノロジーを搭載しています。

 インテルはまた、モバイル インテル(R) 4シリーズExpressチップセットとインテル(R) WiFi Link 5000シリーズを発表しました。これらの製品を搭載したノートブックPCは、各PCメーカーより近く、出荷される見込みです。インテル(R) WiFi Link 5000は従来の802.11a/g規格と比べ、5倍の転送速度と2倍の接続範囲を実現する802.11n(ドラフト)規格に対応し、最大450Mbpsの転送速度を可能にします。

 インテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジー搭載ノートブックPCは、新しい省電力化オプション機能としてスイッチャブル・グラフィックスを提供します。ユーザーは、チップセット内蔵グラフィックスと外付けグラフィックスをスイッチのオン/オフ、またはACアダプターの着脱といった電源駆動の状態により切り替えることができます。スイッチャブル・グラフィックスは、必要時には強力なグラフィックス機能を提供する一方、それ以外のときには消費電力を抑制した動作環境を実現します。

 一般消費者向けの用途では、インテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジー搭載ノートブックPCは、優れた処理能力とバッテリー持続時間により、Blu-rayの長編HDビデオを一回の充電で楽しむことが可能となりました。さらに、さまざまなオンラインゲームや、音楽ダウンロード、動画投稿をこれまでより迅速に行うことができます。

 企業ユーザー用途の分野では、vPro(TM)テクノロジー インテル(R) Centrino(R) 2搭載ノートブックPCは、より強化された管理機能とセキュリティー機能を提供します。これらにはワイヤレス接続による遠隔操作、システムの診断、更新、修復などが含まれており、デスクトップPCからノートブックPCへの転換を進める企業にとってはたいへん有効な機能です。インテル(R) AMT 4.0(アクティブ・マネージメント・テクノロジー)により向上したvPro(TM)テクノロジー インテル(R)Centrino(R) 2の管理機能は、電源オフ時のリモート管理機能、企業のファイヤーウォール外からの遠隔設定機能、WS-MANやDASH 1.0の次世代管理規格へのサポートを提供します。

 PCメーカーおよびホワイトブック・ベンダーから、約250機種のインテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジー搭載ノートブックPCが発表される予定です。今回発表されたインテル新製品の価格の詳細については添付資料をご覧ください。製品の写真、ビデオ、その他の情報はhttp://www.intel.com/pressroom/kits/centrino/(英語)より入手できます。

 ※新製品の価格および製品情報は添付資料を参照


■本格化するモバイルWiMAXサービス

 インテルは年内に米国にて、初のWiMAX/Wi-Fiモジュールであるインテル(R) WiMAX/WiFi Link 5050番台をインテル(R) Centrino(R) 2プロセッサー・テクノロジー搭載ノートブックPC向けに出荷する計画です。WiMAXは、WiFiを補完する、4G/IP(インターネット・プロトコル)ベースのワイヤレス・ブロードバンド技術です。

 WiMAXは、より広域なエリアでのインターネットアクセスと音声通信を提供し、都市や地域全体を無線技術でカバーすることで、ユーザーは屋外や移動中でもネットワークにアクセスすることが可能になります。インテルは世界中のサービス・プロバイダーとWiMAXネットワークの構築に取り組んでいます。米国では、年内にSprint XohmとClearwireによるサービスの利用開始が予定されています。日本においても、UQコミュニケーションズ株式会社が、2009年2月に東京23区と横浜市で試験サービス、同年夏頃に東名阪にエリアを拡大したサービスを提供する計画で、WiMAXネットワークの構築に取り組んでいます。