行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

株)マツモトキヨシホールディングス

株)マツモトキヨシホールディングスのホームページへ
新業態店舗の事業展開・運営に向けた合弁会社設立について(2010/4/16)
 株式会社マツモトキヨシホールディングス(以下、「マツモトキヨシホールディングス」という)と株式会社ローソン(以下、「ローソン」という)は、両社の将来に向けた持続的な事業発展を目的として、平成21年8月24日の業務提携で合意した内容に基づき、平成22年4月16日付で合弁会社を設立することを決議いたしましたので、お知らせいたします。
 
 合弁会社においては、お客様が求める「健康で快適な生活」の実現に向け、両社グループが持つ専門的なノウハウ・各種リソース・バイイングパワーなどを結集した他小売業態との差別化を図る新業態店舗の事業展開・運営を行ってまいります。これにより、早期に新業態店舗の多店舗化を実現するとともに、お客様ニーズを反映した新たな事業領域を確立してまいります。
今後も両社は、新業態店舗の開発など各種業務提携の早期実現に向けて取り組んでまいります。


1.合弁会社設立の目的
 高齢化社会を背景に、美や健康意識の高まり、商品に対するこだわりなど、お客様ニーズは多様化しており、その対応を求められています。 この様な環境下において、マツモトキヨシホールディングスの持つ医薬品・化粧品のノウハウ、ローソンの持つ食品・各種サービスのノウハウ等、両社独自の専門領域である商品やサービスを融合し、お客様ニーズや市場環境を取り入れた独自の業態を開発することで新規顧客の獲得と、事業領域の拡大を図ってまいります。
 両社がこれまで培ってきた専門領域での様々なノウハウを結集し利便性・健康志向を兼ね備えた新たな業態を展開いたします。
 なお、新業態店舗は、今年度上期中に関東圏で1号店を開設し、今年度中に計5店舗を出店いたします。次年度以降は新会社による出店戦略に基づき、2012年度までの3ヵ年で約100店舗の出店を予定しております。

2.合弁会社の概要
(1)商号 : 株式会社エムケイ・エル
( 英文表記:MKL Company Limited )
(2)事業内容 : ヘルスケア志向と利便性を兼ね備えた、他小売業との差別化を図
る新業態店舗の開発と運営。
(3)設立年月 : 平成22年5月(予定)
(4)本社所在地 : 東京都23区内(予定)
(5)資本金 : 490百万円
(6)出資比率 : 株式会社ローソン50%
株式会社マツモトキヨシホールディングス50%
(7)代表者及び役員 : 代表取締役社長  成田 一夫
 (現 株式会社マツモトキヨシホールディングス 専務取締役兼CFO)*
代表取締役副社長 川村 隆利
  (現 株式会社ローソン 専務執行役員)*
* 引き続き現職を兼務
(8)決算期 : 2月

3.今後の日程
 平成22年5月 新会社設立(予定)
 平成22年上期中 1号店開店(予定)

4.業績への影響
 本合弁会社設立に伴う、今期業績に与える影響は軽微でありますが、中長期的な観点においては、両社の業績向上に資するものであります。
http://www.lawson.co.jp/company/news/detail/detail_1825.html

株式会社中島ファミリー薬局の株式取得(子会社化)に関するお知らせ(2009/12/25)
http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp//news/data/00000146_p.pdf

株式会社マツモトキヨシホールディングスと株式会社ミドリ薬品との株式交換契約締結に関するお知らせ(2009/12/25)
http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp//news/data/00000145_p.pdf

株式会社ミドリ薬品株式に対する公開買付けの結果及び子会社の異動に関するお知らせ(2009/12/15)
http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp//news/data/00000144_p.pdf

「Medi+マツキヨ(メディプラスマツキヨ)」関西1号店オープンのお知らせ(2009/11/19)
http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp//news/data/00000143_p.pdf

小スペースを活用した医薬品 特化型の新業態 「Medi+マツキヨ」(コンビニエンス型ファーマシー)開設のお知らせ(2009/7/10)
 株式会社マツモトキヨシホールディングスの子会社である株式会社マツモトキヨシは、小スペースを有効活用し、医薬品(第2類・第3類医薬品)に特化した新業態としてコンビニエンス型ファーマシー「Medi+マツキヨ」1号店を平成21年7月13日にオープンいたします。
 多様化するお客様のニーズに合わせた新たな店舗フォーマットとして、駅構内やターミナル立地など利便性を追求した店舗を展開してまいります。

 今後は、既存の都市型・郊外型・インショップ型・NSC型・医療モール型などの各店舗フォーマットに加え、改正薬事法に向けた対応強化として、地域環境・お客様ニーズに合わせた出店をおこなってまいります。

1.オープン日
 平成21年7月13日(月)午前7時30分

2.店舗概要
 店舗名称:Medi+マツキヨ都営五反田店(メディプラスマツキヨ)
 店舗所在地:東京都品川区東五反田1-26-2
 都営浅草線「五反田駅」地下1階コンコース
 営業時間:(平日) 7時30分~22時/(土日・祝日) 8時~21時
        定休日 なし
 売場面積:約20m2
 展開概要:医薬品に特化した店舗として、第2類医薬品・第3類医薬品の販売を中心に、健康食品/栄養補助食品/医療生活雑貨/ヘアケア/男性化粧品などを展開。
 ターゲット:ビジネスマン/OL・キャリア層をコアターゲットとして展開

3.今後の展開
 新たな店舗形態として今後の展開を強化いたしますが、業績に与える影響につきましてはわかり次第お知らせいたします。
http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp//news/data/00000129_p.pdf

子会社による「株式会社スーパーバリュー」とのフランチャイズ契約に関するお知らせ ※ニュースリリースを原文のまま紹介しています。(2008/4/21)
 当社の完全子会社である株式会社マツモトキヨシは、株式会社スーパーバリュー(本社:埼玉県さいたま市)との間で、マツモトキヨシのフランチャイズ・パッケージによるドラッグストア事業をおこなうフランチャイズ契約を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。



1.フランチャイズ契約締結の理由

 当社グループは、電鉄系企業/ドラッグチェーン/ホームセンター/GMS等の企業に対しフランチャイズ・M&A・業務提携の推進などにより販売チャンネルの拡大を図っております。
 そのような中、グループとしてさらなるシェア拡大に向け戦略的パートナーとの連携を検討した結果、「お客様第一主義の徹底」、「よい商品をより安く」、「顧客満足度の高いサービスの提供」をモットーとし、ホームセンターと食品スーパーを併設した複合型の店舗展開をおこなっている株式会社スーパーバリューとのフランチャイズ契約は、双方にとってシナジーの発揮できる有益な対応であると判断いたしました。

2.株式会社スーパーバリューの概要

 商 号:株式会社スーパーバリュー
 事業内容:食品スーパーとホームセンターを併設した複合型小売店舗の経営
      JASDAQ証券取引所(コード3094)
 設 立:平成8年3月
 本社所在地:埼玉県さいたま市大宮区宮町四丁目129番地 大栄ツインビルN館7階
 代表者:代表取締役執行役員社長 岸本 七朗
 資本金:3億6,750万円(平成20年2月期末)
 売上高:35,855百万円(平成20年2月期連結)
 店舗数:8店舗(平成20年2月末現在)

3.今後の展開

 当該契約に基づき、株式会社スーパーバリューの既存店舗においてマツモトキヨシフランチャイズ店舗化を順次展開してまいります。
 なお、今期業績に与える影響につきましては、詳細がわかり次第発表させていただきます。

業務提携解消に関するお知らせ ※ニュースリリースを原文のまま紹介しています。(2008/4/11)
 当社は、株式会社マツモトキヨシが株式会社高田薬局との間で平成13年5月30日に締結いたしました業務提携により、自社開発商品(株式会社マツモトキヨシ)の供給/商品の仕入、販売及び価格等に関する情報交換/物流センター機能の共有化/出店に関する情報交換など友好な関係を構築してまいりました。

 しかし、株式会社高田薬局は平成20年3月14日、業務提携契約を締結しております当社及び株式会社マツモトキヨシに対して事前説明することなく、他グループ企業である「ウエルシア関東」と株式移転による共同持株会社設立及び経営統合することを内容とした基本合意書を締結し公表されました。

 当社及び株式会社マツモトキヨシと業務提携関係にありながら、株式会社高田薬局のかような行為は、背信行為であり当社との信頼関係が破壊されたと言わざるを得ません。

 これにより、当社は平成20年4月11日付けで株式会社高田薬局に対して契約解除通知書を発送し、当社との間の契約関係全てを解除すると共に、業務提携を解消いたしました。

 なお、この事による当社への影響は軽微であります。