薬学生・理系学生の方 高校生の方 大学就職担当の方 企業・薬局・病院採用担当の方
  薬系トピックス
 

薬系進路はお手元に届きましたか? (10/12/1)

2012年卒業予定の皆さんこんにちは。
進路支援システム管理者(薬系進路編集部)です。薬系進路はお手元に届いていますか。皆さんの就活をサポートするため薬系進路も2年ぶりの活動再開です。
編集部では、6年制薬学科初めての卒業となる皆さんにできるだけ正確な情報を伝えていきます。
正確さが必要な情報のなかでも、就職後の給与って気になりませんか。
調剤薬局は、売上げ(処方せん枚数)が増えれば、薬剤師を補充しなければなりません。1日の処方せんの処理枚数が薬剤師一人40枚と決められているからです。さらに診療報酬が経営のベース。薬学部が6年制になったといっても給与を引き上げるのは難しいですね。
一方、製薬企業には学歴に応じた処遇(職種・給与の規定)があります。そこで製薬企業に6年制薬学科の出身者に対する処遇をアンケートしました。社名を伏せていますが、製薬業界のトップから中堅、外資系企業まで答えていただいています。
多くの製薬企業が「処遇は修士修了者と同等」と答えています。また一部の会社は実力次第で研究職も対象とするといいます。充実した卒業研究を行っている大学の皆さんには朗報といえるでしょう。
会員登録を行っている人は、一度ご覧ください。

<<戻る


会社概要 | 個人情報保護方針 | 弊社の出版物のご案内 | 
Copyright© yakkei.jp / Neorich Co.,Ltd. All Rights Reserved.