薬学生・理系学生の方 高校生の方 大学就職担当の方 企業・薬局・病院採用担当の方
  薬系トピックス
 

新型インフルエンザ(ブタ由来)の感染が拡大しています。 (09/8/26)

yakkei.jpでは、行政や会社のニュースの更新を会員ページだけ行っています。
感染拡大に対する予防など情報提供の必要性から、このコーナーにyakkei.jpからニースを抜粋して紹介してまいります。
これから学内・学外の合同説明会など各地で開かれますが、新型インフルエンザによる影響も懸念されます。これら情報をお役立ていただければ幸いです。

■2009年8月1日~8月22日
新型インフルエンザ(ブタ由来) のニュース

●2009年8月22日感染症法に基づく急性脳炎としての届出が行われた新型インフルエンザ患者について(千葉県) ( 2009/8/22 )
千葉県健康危機管理対策本部
(健康福祉部健康福祉政策課)

新型インフルエンザの感染が疑われる患者が
(急性脳炎) し、入院した症例について

新型インフルエンザが疑われる患者が重症化(急性脳炎) し、入院したため、県衛生研究所において遺伝子検査(PCR検査) を実施したところ、本日、新型インフルエンザ患者と確定したのでお知らせします。

患者概要
○市原市在住、7歳、日本人、女児、基礎疾患なし。
2 経緯
○8月20日
39.2度の発熱、咳、嘔吐の症状が有り、一般医療機関を受診
○8月21 日
40.1度の発熱、一般医療機関を受診し、インフルエンザ簡易検査は陰性
同日夕方、市内の別の一般医療機関を受診し、インフルエンザ簡易検査でA型性、意識混濁(急性脳炎) となったため、同医療機関に入院し、直ちにタミフルによる治療を開始
○8月22 日
県衛生研究所でPCR検査を実施したところ、新型インフルエンザ陽性となり、患者と確定した。
3 その他
○回復傾向にある。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0822-01.pdf


●新型インフルエンザ(A/H1N1)に関する学校・保育施設等の関係者との連携の強化について(依頼) ( 2009/8/21 )

詳細は下記

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html



●インフルエンザの流行状況について (今年のインフルエンザ流行シーズン入り) ( 2009/8/21 )

平成21年第33週(8月10日~8月16日の感染症発生動向調査では、インフルエンザの定点あたり報告数が1 69(定数約4 600ケ所報告数7 750人)と流行開始の目安としている1 00を上回りましたのでインフルエンザ流行シーズンに入ったと考えられます
現在、流行しているのは、ウイルスサーベイランスの結果から新型インフルエンザ(A/HINI) と考えられます。

詳細は下記

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0821-01.pdf



●新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について ( 2009/8/20 )

(長野県)
詳細は下記

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0820-01.pdf



●新型インフルエンザ患者の死亡例について ( 2009/8/19 )

8月19日、愛知県名古屋市より、新型インフルエンザ患者の死亡例について、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします。

早成2 1年8月1 9 日0拘、名古屋市において、新型インフルエンザ感染患者の死亡が確認されましたのでお知らせします。亡くなられた患者様のご冥福をお祈りします。
なお、報道に際しては、お亡くなりになった方及ぴ家族のプライバシーに十分配慮していただくとともに、医療機関ヘの直接のお問合せは控えていただくようお願いいいたします。

1 患者概要
名古屋市在住の80歳代女性
基礎疾患あり(多発性骨髄腫、心不全)

2 感染源
不明。海外渡航歴なし。

3 死因
重症肺炎

4 経緯
8月13日
救急外来受診(体温39.5で)、入院
8月15日
咳がひどく状態が悪いため、4人部屋より個室に移動
8月1 7日
簡易検査結果A型陽性
8月18日
PCR検査結果、新型インフルエンザ(HINI) 陽性
酸素吸入実施
8月1 9 日
深夜1時32分死亡

5 その他
息者の入院ずる病院に邦いて、当該患者の他に、新型インフルエンザ疑い
患者6名(入院患者2名、研修医1名、看護師3名) が確認されております。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0819-01.pdf



●神奈川県川崎市における新型インフルエンザの集団感染が疑われる事例及び重症患者の発生について ( 2009/8/19 )

神奈川県川崎市から、新型インフルエンザの集団感染が疑われる事例
及び重症患者の発生について報告がありましたので、その概要について
別紙のとおり、情報提供します。

新型インフルエンザの集団感染が疑われる事例及び重症患者の発生等について
新型インフルエンザが集団的に発生しているおモれがあると判断され、患者の届
出があ.りました事例及び重症患者の発生がありましたのでお知らせします。併せて、
市内のインフルエンザの流行状況についてもお知らせします。

詳細は下記

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0819-07.pdf



●新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について ( 2009/8/19 )

8月19日熊本県より、新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします。

熊本県健康福祉部健康危機管理課

患者概要
10歳未満 小学生女児

住所地 天草市
新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について

基礎疾患
気管支喘息

経過
8/ 16
喘息発作の症状力
8/17
かかりつけ医を受診
夕方、天草市内の医療機関ヘ紹介入院
紹介時は発熱なし。
8/18
朝5時頃 呼吸困難が出現した為、熊本市内の医療機関ヘ救急搬送され、集中治療室ヘ入院。搬入時体温3 8で午前中インフルエンザ迅速キットでインフルエンザA (+)。タミフルDS (ドライシロツプ) 投与開始。
午後、人工呼吸器管理開始。3 8~4 0での発熱持続。
8/19
新型インフルエンザPCR検査で陽性判明。
38度台の発熱が続く。
画像上、外炎の所見は明らかでないが、重度の呼吸障害がある状態で、人工呼吸器管理が継続されている。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0819-06.pdf



●新型インフルエンザ(A/H1N1)に係わるサーベイランス体制における情報提供について ( 2009/8/19 )

7 月24 日付事務連絡「新型インフルエンザ(A/H1N1)に係わるサーベイランス体制について」 第2に掲げる事項に関し、8 月12 日から19 日までに各自治体の報道発表について、以下の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0819-04.pdf



●新型インフルエンザ重症患者の発生について ( 2009/8/19 )

8月19日、沖縄県より、新型インフルエンザ重症患者の発生について、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします。

平成21年8月19日(水)までに、沖縄県内において3名の新型インフルエンザ重症患者が確認されましたのでお知らせします。

詳細は下記

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0819-02.pdf



●新型インフルエンザ患者の死亡例について ( 2009/8/18 )

8月18日、神戸市より、新型インフルエンザ患者の死亡例について、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします。

記者発表資料(平成21年8月1 8日)
神戸市新型インフルエンザ対策本部(保健福祉局健康部地域保健課)

新型インフルエンザ患者の死亡例について

平成21年8月1 8日(火) 、神戸市内において、新型インフルエンザに感染した70代男性の死亡が確認されました.死亡の原因は、急性気支炎によって肺気腫が急速に悪化したためで、生前に採取した検体から新型インフルエンザに感染していたことが判明しました。
お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りいたします.
なお、報道に際しては、お亡くなりになられた方及びご遺族のプライバシーに十分配慮していただくようお願いします。

新型インフルエンザ感染患者の死亡について
患者概要
垂水区在住の70代男性
基礎疾患(肺気腫、糖尿病、高血圧)
糖尿病による腎不全で週3日の腎透析
2. 経緯
《8月1 6B (日) 一発症日》
発熟(3B度) 、倦怠感、軽い咳、息苦しさの症状あり。
《8月1 7日(月) 》
市内の医療機関にて受診。姉炎疑いと診断される。
インフルエンザ迅速検査結果A (ー)
状態不良のため精査目的で市内の病院を紹介。
午後1時頃、同病院に入院、急性気支炎による肺気腫の悪化と診断される。
インフルエンザ迅速検査結果A (+)
発熱、呼吸困難、全身倦怠の症状あり. タミフル投与及ぴ抗生剤の点滴の治療を行う。
《8月18日(火) 》
午前6時20分、容態急変にて死亡。(死因急性気管支炎による肺気腫の悪化)
・市環境保健研究所におけるPCR検査の結果、午後3時頃新型インフルエンザ陽性であつたことが判明。
3. 感染源
不明.
4. ウイルスの性状変異、タミフル耐性の調査
,国立感染症研究所ヘ検体を送付し、調査の予定

市民のみなさまへ

本日、神戸市内において、新型インフルエンザに感染した70代男性の死亡が確認されました。
死亡の原因は、急性気管支炎によって肺気腫が急速に悪化しただめで、生前に採取した検体から新型インフルエンザに感染していたことが判明しました。

市民のみなさまへ
・新型インフルエンザの症状は、通常の季節性インフルエンザと同程度であり、ほとんどの感染者は軽症のまま治癒しています。ぜん息や1山疾患、腎疾患、糖尿病恋どの基礎疾患のある方や乳幼児、妊婦については、新型インフル工ンザに感染した場合、重症化することもあり、注意が必要です。
神戸市では、5月1 6日に市内において国内で最初の感染患者が確認されて以降、感染拡大の防止について様々な対策を講じてきましたが、今後も、状況の変化に注視しつつ、引き続き、医療機闘と連携しながら新型インフルエンザ対策に全力をあ{ナて取り組んでまいります。
市民の皆様におかれましては、こまめな手洗い、うがい等を徹し、インフルエンザの症状がある場合には、医療機関にあらかじめ電話連絡をして受診して下さい。特に基礎疾患をお持ちの方については、日頃からかかりつけの医師と相談しておいていだだくようにお願いします。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0818-01.pdf



●新型インフルエンザ患者の死亡例について ( 2009/8/15 )

8月15日、沖縄県より、新型インフルエンザ患者の死亡例について、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします。

平成2 1年8月1 5日(土)、沖縄県内において、新型インフルエンザ感染患者の死亡が確認されましたのでお知らせします。亡くなられた患者様のご冥福をお祈りします。
なお、報道に際しては、お亡くなりになった方及び家族のプライバシーに十分配慮していただくとともに、医療機関ヘの直接の問い合わせは控えていただくようお願いいたします。

1 患者概要
中部保健所管内市町村在住 50代 男性
基礎疾患有り(過去に心筋梗塞治療歴あり。現在、慢性腎不全のため透析中)

平成21年8月1 5日(土)
沖縄県新型インフルエンザ対策推進本部
【福祉保健都医務課】
電話098-866-21 69

1 患者概要
中部保健所管内市町村在住 50代 男性
基礎疾患有り(過去に心筋梗塞治療歴あり。現在、慢性腎不全のため透析中)
2 感染源
不明。周囲にインフルエンザ様症状のある人はなし。
3 経緯
【入院前の経過】
8月9日 午後から咽頭痛と咳の症状出現。自宅で経過観察。
8月10日 中部保跡祈管内透析医療機関で透析。その際上記感冒状と37度台の熱があり、簡易検査をしたところA型陰性。解熱剤を処方。
8月12日 透析日。食欲低下と悪心・嘔吐の訴えあり。受診時には発熱はなかったものの、透析中に39度まで上昇。簡易検査でA型陽性。透析後、タミフルを投薬。胸部写真で心陰影の拡大がみ.られ、また全身状態が良くないため中部保健所管内医療機閲ヘ紹介。
【入院後の経淘】
8月12日18時55分 中部保健所管内医療機関受診。来院時、38.8度の熱。全身倦怠感強く、筋肉痛、悪心、労作時呼吸苦を認めたため入院冶療となった。
8月13日 著変なく経過
8月14日 未明に意識レベルの低下がみられ、肝機能障害と血小板減少が見られた。意識レベルはいったん改善するが、夕方から呼吸苦の増強力が見られた。胸部XP撮影したところ、バタフライ陰影の像がみられたため、うっ血性心不全を疑い、透析を行った。透析後、バタフライ陰影は若干よくなるも、8月15日になってから循環不全となり、午前1時半に心停止し、心肺蘇生で一旦は心拍可痢するも6時54分死亡された。
【本日(8月15日)】
緊急でPCR検査を行い、午後4 時頃新型インフルエンザ陽性であったことが確認された。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0815-02.pdf



●感染症法に基づく急性脳炎としての届出が行われた新型インフルエンザ患者について ( 2009/8/14 )

8月14日、宮崎県宮崎市より、感染症法に基づく急性脳炎としての届出がなされるとともに、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0814-01.pdf



●新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について ( 2009/8/13 )

8月12日、福島県より、新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします。

新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について

平成21年8月12日
福島県新型インフルエンザ対策本部

県北保健福祉事務所管内において、8月12日の確認検査の結果新型インフルエンザの感染が確認された患者について、人工呼吸器を使用した症例が確認されましたのでお知らせします。
なお、報道に際しては、患者の個人情報にっいて特段のご配慮をお願いします。



1. 患者概要
 10歳未満 学童 男児
 県外から帰省し、県北保健福祉事務所管内に滞在

2. 経緯
8月11日
 午後から発熱。
 15時 A医療機関受診。簡易検査でインフルエンザ陰性。
 21時30分 B医療機関受診。
 簡易検査でインフエンザ陰性。
 23時、C医療機関に肺炎が合併しているため入院。
8月12日
 朝、簡易検査でインフルエンザ陽性となったため、確認検査を実施。
 18時15分 D医療機関に転院。
 18時38分 確認検査の結果、新型インフルエンザであることが判明。
 19時25分 人工呼吸器を装着し、治療を継続。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0813-01.pdf



●新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について ( 2009/8/13 )

8月13日、大阪府より、新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配をお願いいたします。

枚方市内の社会福祉施設において8月12 日に新型インフルエンザの感染力 された患者について、‘人工呼吸器を使用した症例力肱認されましたのでお知らせします。

【患者概要】
 年齢29歳、性別 男性

【経緯】
8月10日 39.2度の発熱.
 インフルエンザ迅速簡易検査で、A型陽性と判明。
 タミフル投与。
 人工呼吸器の使用を開始。
8月11日
 PCR検査実施。
8月12日
 新型インフルエンザ患者と確定。
 体温38.3℃。呼吸状態も安定し、状態は落ち着いている。
8月13日
 体温37℃に解熱。
 人工呼吸器は使用しているものの, 引き続き状態は落ち着いている。

*本患者については、基礎疾患により以前から呼吸管理のため気管切開及ぴ酸素投与を受けられており、過去にも人工呼吸器の使用歴があります。
*同施設では、他に複数の感染が認められることから、本日16時から自主的に公表される予定です.
*当該施設では、保健所と協力して感染拡大の防止に努めています。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0813-02.pdf



●感染症法に基づく急性脳症としての届出が行われた新型インフルエンザ患者について ( 2009/8/11 )

8月11日、茨城県より、感染症法に基づく急性脳症としての届出がなされるとともに、別添の通り情報提供がございましたので、お知らせいたします。
なお、患者の個人情報については、特段のご配慮をお願いいたします。

平成2 1 年8月1 1 日午後8時30分
連絡先茨城県保健福祉部保健予防課
健康危機管理対策室

新型インフルエンザ患者について

平成2 1 年8月1 1 日(火)のPCR検査結果により土浦保健所管内において新型インフルエンザの感染が確認された患者{4歳男児)こついて、本日感染症法に基づく急性脳症(インフルエンザ脳症)の発生届が提出されましたので情報提供します。
なお, 患者の個人情報については, 特段のご配慮をお願いいたします。

<経過>
8月9日
    朝方から咳嗽あり。
8月1 0日
8時 38. 5゜Cの発熱。
15時 救急車にて病院受診。けいれん発作意識障害あり。
    呼吸状態不安定のため人工呼吸器装着。インフルエンザ迅速検査A(+)。
8月11日
1 7時 PCR 結果により新型インフルエンザ陽性確定。
    ICUで治療中

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0811-02.pdf



●大阪府高槻市における新型インフルエンザ患者の集団発生事例について ( 2009/8/7 )

新型インフルエンザに関する報道発表資料

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0807-01.pdf



●喘息等の基礎疾患を有する者等の旅行等での留意点について ( 2009/8/7 )

都道府県
保健所設置市
特別区
衛生主管部(局)あて

新型インフルエンザについては、感染拡大が継続しており、国内でも、喘息等の基礎疾患を有する児童の集団感染などの報告が相次いでいるところです。

喘息等の基礎疾患を有する者等については、新型インフルエンザに感染した場合、重症化するリスクが高いと考えられています。長期休暇を迎え、旅行やキャンプ等に外出する方が増加していることから、旅行等に際しては、下記事項に留意していただくよう、地域住民や関係機関に対して周知徹底をお願いいたします。



1.基礎疾患の自己管理と体調管理の徹底
基礎疾患を有する者等は、旅行前に主治医と相談し、旅行中の体調管理や基礎疾患の自己管理、発熱等の症状が出た場合の主治医への連絡方法や治療等に関する注意点を確認しておくこと。

また、旅行中には、下記の感染対策を行うこと。

(1)手洗い、うがい等、一般的な感染対策を徹底すること。

(2)乳幼児については、保護者は、児の感染対策に気を配るとともに、健康状態の把握等に努めること。

(3)旅行計画を立てる際には、できる限り人混みを避けるよう、交通手段や移動時間を検討すること。

(4)インフルエンザ様症状を有する者に接触したと思われる場合には、朝夕の検温など健康状態の把握に努めるとともに、発熱等の症状が出た場合には、直ちに主治医に連絡をとるなど、早期対応に努めること。
※参考 「インフルエンザかな?」症状がある方々へ
(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_what.html)

2.喘息キャンプ等における留意点
喘息キャンプ等の、基礎疾患を有する者等が参加する行事の主催者は、基礎疾患を有する者等のみならず、全ての参加者に対して、病後間もないときや体調不良、発熱等の場合には、キャンプ等へ参加しないよう呼びかけること。また、キャンプ等の開始時及び実施期間中には、主催者は、参加者の体調の把握を十分に行い、インフルエンザ感染の早期発見につとめ、適切な対応を行うこと。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/hourei/2009/08/info0807-01.html



●新型インフルエンザ患者数(検疫所確認分)について ( 2009/8/5 )

新型インフルエンザに関する報道発表資料

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0805-01.pdf



●新型インフルエンザ患者の人工呼吸器使用症例について ( 2009/8/5 )

新型インフルエンザに関する報道発表資料

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0805-03.pdf



●新型インフルエンザ患者数(国内発生)について ( 2009/8/5 )

新型インフルエンザに関する報道発表資料

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0805-02.pdf



●妊娠している婦人もしくは授乳中の婦人に対しての新型インフルエンザ(H1N1)感染に対する対応Q&A (一般の方対象) ( 2009/8/4 )

Q1: 妊娠している人は一般の妊娠していない人に比べて新型インフルエンザに感染した場合、症状が重くなるのでしょうか?
A1: 妊婦は肺炎などを合併しやすく、重症化しやすいことが明らかとなりました。

Q2: 妊婦にインフルエンザ様症状(38℃以上の発熱と鼻汁や鼻がつまった症状、のどの痛み、咳)が出た場合、どのようにすればよいでしょうか?
A2: かかりつけ産婦人科医を直接受診することは極力避け、地域の一般病院にあらかじめ電話をして受診します。あらかじめ受診する病院を決めておくと安心です。早期の抗インフルエンザ薬(タミフル、あるいはリレンザ)服用(治療目的)開始は重症化防止に効果ありとされていますので、発熱、のどの痛み、咳等の症状出現後はできるだけ早い受診をお勧めします。また、WHOは新型インフルエンザ感染が疑われる場合には確認検査結果を待たずにできるだけ早期のタミフル服用開始を勧めています。かかりつけ産婦人科医受診を避けるのは「感染すると重症化しやすい妊婦から妊婦への感染を防止するため」です。

Q3: 妊婦の新型インフルエンザ感染が確認された場合の対応はどうしたらいいでしょうか?
A3: 早期の抗インフルエンザ薬(タミフル、あるいはリレンザ)服用(治療目的)をお勧めします。WHOは治療目的にはタミフル服用を勧めています。

Q4: 妊娠した女性が新型インフルエンザ感染者と濃厚接触(ごく近くにいたり、閉ざされた部屋に同席した場合)した場合の対応はどうしたらいいでしょうか?
A4: 抗インフルエンザ薬(タミフル、あるいはリレンザ)服用(予防目的)をお勧めします。

Q5: 抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)はお腹の中の赤ちゃんに大きな異常を引き起こすことはないのでしょうか?
A5: 2007年の米国疾病予防局ガイドラインには「抗インフルエンザ薬を投与された妊婦および出生した赤ちゃんに有害な副作用(有害事象)の報告はない」との記載があります。また、これら薬剤服用による利益は、可能性のある薬剤副作用より大きいと考えられています。

Q6: 抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)の予防投与(インフルエンザ発症前)と治療投与(インフルエンザ発症後)で投与量や投与期間に違いがあるのでしょうか?
A6: 米国疾病予防局の推奨 (http://www.cdc.gov/h1n1flu/recommendations.htm)では以下のようになっていますので、日本でも同様な投与方法が推奨されています。
1. タミフルの場合
予防投与:75mg錠 1日1錠(計75mg)、 
治療のための投与:75mg錠 1日2回(計150mg)5日間
なお、日本の2008年Drugs in Japanによれば、治療には上記量を5日間投与、予防には上記量を7日~10日間投与となっています。
2. リレンザの場合
予防投与:10mgを1日1回吸入(計10mg)、
治療のための投与:10mgを1日2回吸入(計20mg)  ?
なお、日本の2008年Drugs in Japanによれば、治療には上記量を5日間吸入、予防には上記量を10日間吸入となっています。

Q7: 予防投与の場合、予防効果はどの程度持続するのでしょうか?
A7: タミフル、リレンザともに2008年Drugs in Japanによれば、これらを連続して服用している期間のみ予防効果ありとされています。

Q8: 予防投与した場合、健康保険は適応されるのでしょうか?
A8: 予防投与は原則として自己負担となりますが、自治体の判断で自己負担分が公費負担となる場合があります。

Q9: 抗ウィルス剤を服用しながら授乳することは可能でしょうか?
A9: 母乳自体による新型インフルエンザ感染の可能性は現在のところ知られていません。季節性インフルエンザでは母乳感染は極めてまれです。授乳期に抗ウィルス薬を使用する場合は、担当の医師と相談の上授乳を続けるかどうか決めてください。なお米国疾病予防局の推奨では抗ウィルス剤を服用しながら、赤ちゃんに授乳することは可能であるとされています。同時に赤ちゃんへの感染リスクを最小限にするため頻繁に手洗いしたりマスクをつけるなどの処置を必要とします。 ?母児分離を行なうべきとの勧告は今のところなされていません。

本件Q&A改定経緯:    
初版 平成21年5月19日
2版 平成21年6月19日
3版 平成21年8月4日  

http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20090804a.html



感染症法に基づく急性脳炎としての届出が行われた新型インフルエンザ患者について ( 2009/8/4 )

新型インフルエンザに関する報道発表資料

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0804-01.pdf



新型インフルエンザ患者の集団発生事例の報告(神奈川県川崎市 第2報) ( 2009/8/1 )

新型インフルエンザに関する報道発表資料

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/08/dl/infuh0801-01.pdf

<<戻る


会社概要 | 個人情報保護方針 | 弊社の出版物のご案内 | 
Copyright© yakkei.jp / Neorich Co.,Ltd. All Rights Reserved.